「日本一小さな農業高校の学校づくり」_書籍のご紹介

日本で唯一の私立農業高校である愛農高校の新しい校舎ができるまでの顛末が記された本が今年4月に出版されました。当時愛農高校の職員で現在愛農学園の理事をされている品田茂さんが執筆されています。野沢正光建築工房が設計に携わっており、本の中でも度々登場します。実際に校舎の建て替えに関わられた品田さんの目線で、愛農高校の魅力的で豊かな学校生活の様子や、多くの方々の試行錯誤の末に新しい校舎が出来上がっていったプロセスが描かれており、とても臨場感を持って楽しんで読むことができます。

岩波書店website

とても読みやすい本ですので、是非お手に取っていただければと思います。
WORKの愛農高校のページにも写真や資料がありますので、是非こちらもご覧ください。