ヤマサハウス太陽熱エネルギー活用型住宅

鹿児島県鹿児島市

©Yamasa House

建設地:鹿児島県鹿児島市
2015年1月
規模:地上2階
構造:木造
敷地面積:166.04㎡(約50坪)
建築面積:79.70㎡(約24坪)
延床面積:129.08㎡(約39坪)

企画・施工:ヤマサハウス
設計:野沢正光建築工房
構造設計:山辺構造設計事務所
造園:野草の庭・茶庭づくり 風(ふわり)
受賞:第4回鹿児島市景観まちづくり賞
ヤマサハウスwebsite

©Yamasa House

©Yamasa House

©Yamasa House

©Yamasa House

©Yamasa House

©Yamasa House

鹿児島市郊外の区画整理によってつくられたニュータウン内につくられたモデル住宅である。夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しい鹿児島の気象条件と、桜島からの降灰対策も踏まえながら、隣地のヤマサハウス設計の木造ドミノ住宅と連携して地域に適した外部空間まで含めた住宅環境として計画している。

NEDOの実証事業として(株)OMソーラー、東京大学前研究室と共同し、PCM蓄熱材や真空断熱材、及び太陽熱冷房・デシカントシステム等を駆使してOMソーラーが導入されている通常の建物よりもさらに50%以上の省エネルギー化を実現している。(O.T)