エントリー - Masamitsu-Nozawa

月刊省エネルギー連載 持続可能な社会へ6

快適で負荷の少ない社会を実現するにはどうすればいいのか。連載の最終回は、脱炭素化に向けた省エネルギーの生産と消費について、また、少ない資源でより高い効果を得る資源生産性について述べている。 PDF:月刊省エネルギー201 […]

月刊省エネルギー連載 持続可能な社会へ5

私たちにとって身近な省エネを考えるとき、20℃ほどでよい室温、50℃ほどでよい給湯のために1000℃を超す発熱が可能な熱源は必要ない。太陽熱を効率的に取り入れれば十分賄えるという。その効率的な仕組みを実現した省エネ型「ソ […]

月刊省エネルギー連載 持続可能な社会へ4

今日、木材資源による建築生産がヨーロッパでも本格的になりつつあり、一方でエネルギー源としてバイオマスが注目を集めている。持続可能な社会へ向けて、身近にある豊富な森林資源を有効に活かす取り組みを紹介する。 PDF:月刊省エ […]

月刊省エネルギー連載 持続可能な社会へ3

住まいを直しながら、長く使いつづけるためには、どうすればいいか。住まいを「架構」と「設え」のふたつの要素に分けて設計することの有効性を、「木造ドミノ住宅」を例に解説する。 PDF:月刊省エネルギー2014年10月 住まい […]

月刊省エネルギー連載 持続可能な社会へ2

先般、「全国空き家率過去最高」とのニュースを各メディアが報じた。人口減少が進むこの国において、ストックを尊重しながら「直して使う」ことがますます求められるだろう。前回の木造住宅の改修に続き、今回は公共建築の「減築」につい […]

月刊省エネルギー連載 持続可能な社会へ1

住いと暮らしのエネルギーを考えるとき、個々の住宅の工夫のみならず、現在の社会全体の鑑み、さらに未来のそれを視野に入れたものでありたい。 PDF:月刊省エネルギー2014年8月号 暮らしと住いの省エネルギーその34

フードアクションニッポンアワード

愛農学園がフードアクションニッポンアワード2011の大賞となったことは以前にも書いたと思う。 先日そのパンフレットが贈られてきた。1000以上の大手企業などからの応募の中愛農学園農業高等学校が最高の栄誉となったことが改め […]

書籍の紹介

近況を二つ   1、先日10月21日 金曜日の朝日新聞夕刊の連載記事「ニッポン人脈記」建てる 守る 願う」に登場しました。数週間前に記事に署名のある編集委員の方の取材があり 数時間はなしました。話は彼の取材によ […]